犬の肘頭骨折の1例

種 類 マルチン
年 齢 8か月
診療科目 整形外科
症 状 1mくらいの高さから落ちたとのことで来院。
左前肢を挙上して痛がっていた。

検査結果

レントゲン検査にて左前肢肘頭骨折と診断した。

治療方法

創外固定法も検討したが位置的に困難であり、
しっかりとした固定のためには内固定がベストであると考えられた。

また手術法としてピンニング、テンションバンド法なども考慮し準備したが、
尺骨の薄さからプレート法がより良いと考えられた。

その他

手術後の経過は順調で、2週間後の抜糸の時には普通に歩行できるようになり、治癒した。